MARUA Blog

Used & Original Clothing MARUA

時代に左右される事なく"良いもの"をサラリと取り入れたスタイルを神戸三宮から提案しております。 海外はヨーロッパやアメリカ、そして国内まで幅広く上質なユーズドアイテムを厳選セレクト。 またショップオリジナルアイテムはユニセックスな展開が多く性別を問いません。 コンセプトはコンセプト。まじめにふざけ。ふざけにふざけ。ふざけにまじめ。

皆様の日々の充実と笑顔とご来店お待ちしております

新年は4日から!今年もありがとうございました!

年内の営業は本日までとさせていただきます。皆様、ありがとうございました!

今年も沢山のお客様にご来店していただき、笑顔をいただき、また刺激を沢山いただき、お店を営業する事ができました。大変感謝しております。また当店に関わり支えて下さった関係者の皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。

今年もオリジナルアイテムの新作発表と、それに伴い会話も新しく生むことができました。また定番アイテムをリピートしていただくお客様もさらに増え、心強い一年となりました。そして店内、奥にカウンターを配置したマルア的立ち飲みスタイル「BARUA」もおかげ様で色々なお客様にご利用していただき
、お客様の生活の一部になれたようで大変嬉しく感じることができました。

 

今年も繋がりの深さ、チャレンジする事の大切さ、継続の楽しさを強く感じる年になりました。


毎年感じている事ですが改めまして。立地も決して良くないこんな小さなお店にわざわざ足を運んで下さるお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。そんなお客様に飽きられないよう、感じたものを来年に繋げ、深く掘り下げ精進して行きたいと考えております。

新年も皆様に笑顔の絶えない一年になるよう願っております。

 

そしてMARUAは年が明けるとおかげ様で19周年を迎えます!それに伴い、イベントを企画中!!

 

詳細は年明けに改めて発表させていただきます! 

それでは新年もどうぞMARUAをよろしくお願いします。

 

皆様、良いお年をお迎えください。


MARUA 岩崎

-----------------------------------------

 

年始は4日(土)、通常通り13時からの営業とさせていただきます。

 

年末年始で少し太りながら皆様の笑顔とご来店お待ちしております。

 

photo by marua - -

Mr.N with MARUA ORIGINAL

お客様の装い紹介してます。例えばコチラ。

 

遠路遥々、広島からトリッキーな教師のN様がご来店くださいました。感謝です。

 

普段からガシガシ気兼ねなく着るス3ピース。

 

洗濯機でガシガシ洗える3ピース。

 

MARUA 1P,2P,3Pのチャコールグレーのフルセットをご予約、と共に。

 

「Funk」

 

「Sax」

 

一瞬、ん?

 

ってなってくださり、ベストに入れちゃってください、と。

 

後はBARUAで乾杯々!!

 

MARUAにBARUAに当店を楽しんでいただき大変嬉しく思います。

 

N様。ご来店、お買い上げいただき誠にありがとうございます。

またのご来店お待ちしております。



Mr.N with MARUA ORIGINAL

 


TEL  078-252-4712
MAIL info@marua-kobe.com

photo by marua - -

Mr.N with MARUA ORIGINAL

お客様の装い紹介してます。例えばコチラ。

 

会話と乾杯をこよなく愛する職人のN様がご来店くださいました。感謝です。

 

まずはカウンターにてグビッと。

 

そして新作の"HAVE A GOOD DIE"に着替えてグビビっと。

 

MARUAにBARUAに当店を楽しんでいただき大変嬉しく思います。


N様。ご来店、お買い上げいただき誠にありがとうございます。

またのご来店お待ちしております。

 


Mr.N with MARUA ORIGINAL

 

TEL   078-252-4712

MAIL info@marua-kobe.com

photo by marua - -

Ms.E with MARUA ORIGINAL

お客様の装い紹介してます。例えばコチラ。

 

ハイトーンボイスでハイセンス!素敵なBAR店主のE様がご来店くださいました。感謝です。

 

ご愛用いただいている"MARUA Leather Shoes"に。

 

ヴィンテージのスウェットにプリントした新作の"HAVE A GOOD DIE"を仲間に入れていただき。

 

定番に新作と。いつも、らしく、着こなしていただき大変嬉しく思います。
 

E様。ご来店、お買い上げ、また差し入れまでお心遣いいただき誠にありがとうございます。

またのご来店お待ちしております。

 


Ms.E with MARUA ORIGINAL

 

TEL   078-252-4712

MAIL info@marua-kobe.com

photo by marua - -

年末年始のお知らせです

年末年始の営業のお知らせです。例えばコチラ。

 

〜 27(金)、28(土)、29(日)、30(月)、31(火)、1(水)、2(木)、3(金), 4(土) 

 

年内は30(月)まで、年始は4日(土)13:00からの営業とさせていただきます。

 

なお28(土)は13:00〜17:00まで通常営業、18:00〜24:00はMARUAの店内にて忘年会を開催!

 

こんな風。

 

---------------------------------------------------------------

 

2019/12/28 Saturday 18:00〜

1500yen (Free Food)

 

※BARUA的フリーフードをご用意させていただきます。

※フードのお持込も歓迎です☆

※定員に達しましたので、募集は締め切らせていただきます。

※当日は13時より通常営業もしておりますので、お気軽にご来店ください。

 

【TEL】078-252-4712

【MAIL】info@marua-kobe.com


【イベントページ】https://www.facebook.com/events/546143852893637/


BOU NEN KAI

---------------------------------------------------------------

 

 

ご来店の際はお間違えのないようによろしくお願いします。

 

それでは今年も気づけば残り僅かで皆様のご来店お待ちしております。

photo by marua - -

Mr.N with MARUA ORIGINAL

お客様の装い紹介してます。例えばコチラ。

 

ホットでクールなベーシストのN様がご来店くださいました。感謝です。

 

ご愛用いただいている"MARUA Leather Shoes"に。

 

新作の"HAVE A GOOD DIE"を仲間に入れていただき。

 

当店オリジナルの誕生エピソードを楽しんでいただき大変嬉しく思います。


N様。ご来店、お買い上げいただき誠にありがとうございます。

またのご来店お待ちしております。

 


Mr.N with MARUA ORIGINAL

 

TEL   078-252-4712

MAIL info@marua-kobe.com

photo by marua - -

Ms.M with MARUA ORIGINAL

お客様の装い紹介してます。例えばコチラ。

 

確かな技術かつ個性的なネイリストのM様がご来店くださいました。感謝です。

 


"HAVE A GOOD DIE"
 

 

BARに一人、飲みに行った時のこと。

 

注文を済ませ、チラッと目をやると、隣には大柄な外国人のお客さん。

 

出てきたハイボールをコクッとやっていると、彼も同じものをグビッとやっていた。

 

彼もそれに気づき、オォ〜ッてな具合で、気さくに話しかけてきた。

 

英語がからきしの僕は、内心、困ったが、それでもアルコールのチカラを借りてなんとかコミュニケーションをはかることにした。お互いに何杯かのハイボールと会話を酌み交わし、仕事でオーストラリアから神戸に来たという気さくな彼は、つたない英語で申し訳なかったが、そんなこと気にも留めずに楽しんでくれていた。

 

それから程よくしていると、彼は時計に目をやり、グラスに残ったハイボールをグググと飲み干した。どうやら次があるようで、彼はそそくさとチェックを済ませ、出口に向かった。

 

振り返り、わざわざ店主と僕に会釈をし「ハバグッダイ!」と言って出て行った。

 

 

残された僕と店主は目を合わせ、、

 

「ん?、、ハバグッダイ??、、デイじゃなくダイ??」

 

「、、良い死を??」

 

いやいや、聞き間違いだろう。あのタイミングでそんな風なこと言うはずがないよ、と済ませた。

 

僕はおかわりを注文し、一人考えた。

 

 

良い死、、か、、。

 

良い死と感じられるのは、日々を存分に生きることなのかもな。

 

そういう意味では「HAVE A GOOD DIE」は「HAVE A GOOD DAY」と同じなのかも。

 

ふふふ。「良い死を!」か。なかなか良い言葉じゃないか。

 

「マスター、ごちそうさま。これから帰って服を作るよ。またさっきのオーストラリア人が来たら、よろしく伝えておいて!」

 

 

そして後日。

 

仕上がった新作の"HAVE A GOOD DIE"を片手にあのBARへ。

 

「マスター、新作ができたよ、あ、でもその前に。あれからあのオーストラリア人は来たのかい?」

 

すると、店主がこう答えた。

 

「先日、来てくれたから、こないだの挨拶のことを聞いたんだよ。」

 

僕は続きが気になった。

 

「ほう!それはいいね!で?」

 

店主は笑みを浮かべながらこう続けた。

 

「そしたら、笑ってしまったよ!ハバグッダイ!は、ただのオーストラリア訛りで、ハバグッデイのことなんだって!あっはっは」

 

「、そ、そっかそっかー、あ、あはは。そうなんだ!へ、へ〜。あ、なるほどね〜、へ〜」

 

「だからなんてことない!聞き間違えじゃなかったんだよ〜!で、新作は?」

 

「あ、うんうん、、え〜っとね、、ま、とりあえずさ、ウィスキーストレートでちょうだい!」

 

「え?今日はハイボールじゃなくていいのかい?」

 

「あ、うんうん!きょ、きょうはそれで。よかったらマスターも一杯やってよ!」

 

「いいのかい?ではいただくよ。それじゃ、ここはひとつ。ハバグッダ〜イ!!」

 

「あ、ハバグッダ〜イ!」

 

 

オーバーサイズがジャストサイズ!

 

新作をお気に入りいただき、あとはBARUAで乾杯々!

 

当店を存分に楽しんでいただき大変嬉しく思います。


M様。ご来店、お買い上げいただき誠にありがとうございます。

またのご来店お待ちしております。

 


Ms.M with MARUA ORIGINAL

 

 

※こちらのアイテムは男性女性の様々なヴィンテージや新品のボディにシルクプリントしておりますので、基本的に一点ものです。

※今回は良い具合にヤレたスウェットで制作し在庫しております。

※他にも色々なボディで制作していく予定ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

TEL   078-252-4712

MAIL info@marua-kobe.com

photo by marua - -

Mr.R with MARUA ORIGINAL

お客様の装い紹介してます。例えばコチラ。

 

スタイルを貫く画家のR様がご来店くださいました。感謝です。

 


"HAVE A GOOD DIE"
 

 

BARに一人、飲みに行った時のこと。

 

注文を済ませ、チラッと目をやると、隣には大柄な外国人のお客さん。

 

出てきたハイボールをコクッとやっていると、彼も同じものをグビッとやっていた。

 

彼もそれに気づき、オォ〜ッてな具合で、気さくに話しかけてきた。

 

英語がからきしの僕は、内心、困ったが、それでもアルコールのチカラを借りてなんとかコミュニケーションをはかることにした。お互いに何杯かのハイボールと会話を酌み交わし、仕事でオーストラリアから神戸に来たという気さくな彼は、つたない英語で申し訳なかったが、そんなこと気にも留めずに楽しんでくれていた。

 

それから程よくしていると、彼は時計に目をやり、グラスに残ったハイボールをグググと飲み干した。どうやら次があるようで、彼はそそくさとチェックを済ませ、出口に向かった。

 

振り返り、わざわざ店主と僕に会釈をし「ハバグッダイ!」と言って出て行った。

 

 

残された僕と店主は目を合わせ、、

 

「ん?、、ハバグッダイ??、、デイじゃなくダイ??」

 

「、、良い死を??」

 

いやいや、聞き間違いだろう。あのタイミングでそんな風なこと言うはずがないよ、と済ませた。

 

僕はおかわりを注文し、一人考えた。

 

 

良い死、、か、、。

 

良い死と感じられるのは、日々を存分に生きることなのかもな。

 

そういう意味では「HAVE A GOOD DIE」は「HAVE A GOOD DAY」と同じなのかも。

 

ふふふ。「良い死を!」か。なかなか良い言葉じゃないか。

 

「マスター、ごちそうさま。これから帰って服を作るよ。またさっきのオーストラリア人が来たら、よろしく伝えておいて!」

 

 

そして後日。

 

仕上がった新作の"HAVE A GOOD DIE"を片手にあのBARへ。

 

「マスター、新作ができたよ、あ、でもその前に。あれからあのオーストラリア人は来たのかい?」

 

すると、店主がこう答えた。

 

「先日、来てくれたから、こないだの挨拶のことを聞いたんだよ。」

 

僕は続きが気になった。

 

「ほう!それはいいね!で?」

 

店主は笑みを浮かべながらこう続けた。

 

「そしたら、笑ってしまったよ!ハバグッダイ!は、ただのオーストラリア訛りで、ハバグッデイのことなんだって!あっはっは」

 

「、そ、そっかそっかー、あ、あはは。そうなんだ!へ、へ〜。あ、なるほどね〜、へ〜」

 

「だからなんてことない!聞き間違えじゃなかったんだよ〜!で、新作は?」

 

「あ、うんうん、、え〜っとね、、ま、とりあえずさ、ウィスキーストレートでちょうだい!」

 

「え?今日はハイボールじゃなくていいのかい?」

 

「あ、うんうん!きょ、きょうはそれで。よかったらマスターも一杯やってよ!」

 

「いいのかい?ではいただくよ。それじゃ、ここはひとつ。ハバグッダ〜イ!!」

 

「あ、ハバグッダ〜イ!」

 

 

という新作をお気に入りいただき。

 

着替えてそのままBARUAで乾杯!

 

当店を存分に楽しんでいただき大変嬉しく思います。


R様。ご来店、お買い上げいただき誠にありがとうございます。

またのご来店お待ちしております。

 


Mr.R with MARUA ORIGINAL

 

 

※こちらのアイテムは男性女性の様々なヴィンテージや新品のボディにシルクプリントしておりますので、基本的に一点ものです。

※今回は良い具合にヤレたスウェットで制作し在庫しております。

※他にも色々なボディで制作していく予定ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

TEL   078-252-4712

MAIL info@marua-kobe.com

photo by marua - -

Ms.K with MARUA ORIGINAL

お客様の装い紹介してます。例えばコチラ。

 

笑顔が溢れんばかりのK様がご来店くださいました。感謝です。

 


"HAVE A GOOD DIE"
 

 

BARに一人、飲みに行った時のこと。

 

注文を済ませ、チラッと目をやると、隣には大柄な外国人のお客さん。

 

出てきたハイボールをコクッとやっていると、彼も同じものをグビッとやっていた。

 

彼もそれに気づき、オォ〜ッてな具合で、気さくに話しかけてきた。

 

英語がからきしの僕は、内心、困ったが、それでもアルコールのチカラを借りてなんとかコミュニケーションをはかることにした。お互いに何杯かのハイボールと会話を酌み交わし、仕事でオーストラリアから神戸に来たという気さくな彼は、つたない英語で申し訳なかったが、そんなこと気にも留めずに楽しんでくれていた。

 

それから程よくしていると、彼は時計に目をやり、グラスに残ったハイボールをグググと飲み干した。どうやら次があるようで、彼はそそくさとチェックを済ませ、出口に向かった。

 

振り返り、わざわざ店主と僕に会釈をし「ハバグッダイ!」と言って出て行った。

 

 

残された僕と店主は目を合わせ、、

 

「ん?、、ハバグッダイ??、、デイじゃなくダイ??」

 

「、、良い死を??」

 

いやいや、聞き間違いだろう。あのタイミングでそんな風なこと言うはずがないよ、と済ませた。

 

僕はおかわりを注文し、一人考えた。

 

 

良い死、、か、、。

 

良い死と感じられるのは、日々を存分に生きることなのかもな。

 

そういう意味では「HAVE A GOOD DIE」は「HAVE A GOOD DAY」と同じなのかも。

 

ふふふ。「良い死を!」か。なかなか良い言葉じゃないか。

 

「マスター、ごちそうさま。これから帰って服を作るよ。またさっきのオーストラリア人が来たら、よろしく伝えておいて!」

 

 

そして後日。

 

仕上がった新作の"HAVE A GOOD DIE"を片手にあのBARへ。

 

「マスター、新作ができたよ、あ、でもその前に。あれからあのオーストラリア人は来たのかい?」

 

すると、店主がこう答えた。

 

「先日、来てくれたから、こないだの挨拶のことを聞いたんだよ。」

 

僕は続きが気になった。

 

「ほう!それはいいね!で?」

 

店主は笑みを浮かべながらこう続けた。

 

「そしたら、笑ってしまったよ!ハバグッダイ!は、ただのオーストラリア訛りで、ハバグッデイのことなんだって!あっはっは」

 

「、そ、そっかそっかー、あ、あはは。そうなんだ!へ、へ〜。あ、なるほどね〜、へ〜」

 

「だからなんてことない!聞き間違えじゃなかったんだよ〜!で、新作は?」

 

「あ、うんうん、、え〜っとね、、ま、とりあえずさ、ウィスキーストレートでちょうだい!」

 

「え?今日はハイボールじゃなくていいのかい?」

 

「あ、うんうん!きょ、きょうはそれで。よかったらマスターも一杯やってよ!」

 

「いいのかい?ではいただくよ。それじゃ、ここはひとつ。ハバグッダ〜イ!!」

 

「あ、ハバグッダ〜イ!」

 

 

大病に打ち勝ち久々のご来店。そしてこの作品をお気に入りいただき大変嬉しく思います。


K様。ご来店、お買い上げ、また差し入れまでお心遣いいただき誠にありがとうございます。

またのご来店お待ちしております。

 


Ms.K with MARUA ORIGINAL

 

 

※こちらのアイテムは男性女性の様々なヴィンテージや新品のボディにシルクプリントしておりますので、基本的に一点ものです。

※今回は良い具合にヤレたスウェットで制作し在庫しております。

※他にも色々なボディで制作していく予定ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

TEL   078-252-4712

MAIL info@marua-kobe.com

photo by marua - -

Mr.D with MARUA ORIGINAL

お客様の装い紹介してます。例えばコチラ。

 

オシャレを自由に楽しむD様がご来店くださいました。感謝です。

 


"HAVE A GOOD DIE"
 

 

BARに一人、飲みに行った時のこと。

 

注文を済ませ、チラッと目をやると、隣には大柄な外国人のお客さん。

 

出てきたハイボールをコクッとやっていると、彼も同じものをグビッとやっていた。

 

彼もそれに気づき、オォ〜ッてな具合で、気さくに話しかけてきた。

 

英語がからきしの僕は、内心、困ったが、それでもアルコールのチカラを借りてなんとかコミュニケーションをはかることにした。お互いに何杯かのハイボールと会話を酌み交わし、仕事でオーストラリアから神戸に来たという気さくな彼は、つたない英語で申し訳なかったが、そんなこと気にも留めずに楽しんでくれていた。

 

それから程よくしていると、彼は時計に目をやり、グラスに残ったハイボールをグググと飲み干した。どうやら次があるようで、彼はそそくさとチェックを済ませ、出口に向かった。

 

振り返り、わざわざ店主と僕に会釈をし「ハバグッダイ!」と言って出て行った。

 

 

残された僕と店主は目を合わせ、、

 

「ん?、、ハバグッダイ??、、デイじゃなくダイ??」

 

「、、良い死を??」

 

いやいや、聞き間違いだろう。あのタイミングでそんな風なこと言うはずがないよ、と済ませた。

 

僕はおかわりを注文し、一人考えた。

 

 

良い死、、か、、。

 

良い死と感じられるのは、日々を存分に生きることなのかもな。

 

そういう意味では「HAVE A GOOD DIE」は「HAVE A GOOD DAY」と同じなのかも。

 

ふふふ。「良い死を!」か。なかなか良い言葉じゃないか。

 

「マスター、ごちそうさま。これから帰って服を作るよ。またさっきのオーストラリア人が来たら、よろしく伝えておいて!」

 

 

そして後日。

 

仕上がった新作の"HAVE A GOOD DIE"を片手にあのBARへ。

 

「マスター、新作ができたよ、あ、でもその前に。あれからあのオーストラリア人は来たのかい?」

 

すると、店主がこう答えた。

 

「先日、来てくれたから、こないだの挨拶のことを聞いたんだよ。」

 

僕は続きが気になった。

 

「ほう!それはいいね!で?」

 

店主は笑みを浮かべながらこう続けた。

 

「そしたら、笑ってしまったよ!ハバグッダイ!は、ただのオーストラリア訛りで、ハバグッデイのことなんだって!あっはっは」

 

「、そ、そっかそっかー、あ、あはは。そうなんだ!へ、へ〜。あ、なるほどね〜、へ〜」

 

「だからなんてことない!聞き間違えじゃなかったんだよ〜!で、新作は?」

 

「あ、うんうん、、え〜っとね、、ま、とりあえずさ、ウィスキーストレートでちょうだい!」

 

「え?今日はハイボールじゃなくていいのかい?」

 

「あ、うんうん!きょ、きょうはそれで。よかったらマスターも一杯やってよ!」

 

「いいのかい?ではいただくよ。それじゃ、ここはひとつ。ハバグッダ〜イ!!」

 

「あ、ハバグッダ〜イ!」

 

 

という新作をお気に入りいただき。

 

あとはBARUAで乾杯々!

 

MARUAにBARUAに当店を楽しんでいただき大変嬉しく思います。


D様。ご来店、お買い上げいただき誠にありがとうございます。

またのご来店お待ちしております。

 


Mr.D with MARUA ORIGINAL

 

 

※こちらのアイテムは男性女性の様々なヴィンテージや新品のボディにシルクプリントしておりますので、基本的に一点ものです。

※今回は良い具合にヤレたスウェットで制作し在庫しております。

※他にも色々なボディで制作していく予定ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

TEL   078-252-4712

MAIL info@marua-kobe.com

photo by marua - -

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 2 >>
MARUA 店舗案内

Address / 〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町2丁目1-14 建興加納町ビルB1F
Mail / info@marua-kobe.com
Tel & Fax / 078−252-4712
Open / 13:00-21:00〜以降不定時
Closed / Tuesday

各線三宮駅からフラワーロード沿いを北上していただき歩くこと約7分。山手幹線との大きな交差点(複雑でアーティスティックな歩道橋!)を越えていただきますとすぐ。ファミリーマートの南隣。バス停の北隣。半地下から少し顔を出しながら皆様のご来店お待ちしております。

MARUA OFFICIAL WEB SITE →
http://www.marua-kobe.com/


MARUA Web Store →
http://marua.shop-pro.jp/


MARUA Facebook →
http://www.facebook.com/marua.kobe


MARUA Instagram →
https://instagram.com/maruakobe/


MARUA Twitter →
http://twitter.com/MARUA_KOBE


このページの先頭へ